転職で逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

HOME 転職 薬剤師 比較

弱小サイトの逆指名システムはほとんど機能していない

逆指名システムとは、行きたい施設が求人を出していない場合であっても、コンサルタントがあなたに代わって、転職の交渉をするというものです。最近ではお祝い金に続く目玉システムとして多くのサイトが逆指名システムを掲載していますが、実際に逆指名が使える転職エージェントは、ごくわずかでしかありません。

1.逆指名での転職が成立する条件

もともと逆指名するというのは、その施設が求人を出していないからです。つまり人は足りているので、新たに雇ったのでは人件費が増えることにしかなりません。欲しくないところへ雇ってもらうのですから交渉が必要になってきます。では、この交渉とはなんでしょう。

  • 近い将来、辞める人が出てくる予定がある。
  • 人件費を増やしても雇う価値がある。

この二つしかありません。つまり、施設の内情を良く知っているか、過去にレベルの高い人材を紹介した実績があるもしくは良い人材を紹介すると評判の高いサイトでないと逆指名はできないということです。どこの施設も繁忙です。非力な転職エージェントが電話したところで、「ウチは足りてますから」のひと言で電話を切られてしまうのは容易に想像できるでしょう。セールスの電話と同じです。しかし、転職会社名を聞いたときに、有力な会社であれば、誰もが話は聞いてみようという気になります。ここが転職エージェンシーの力の差なのです。逆指名システムを掲載していても、知名度の低い転職会社のコンサルタントが電話してたところで門前払いをくらうだけです。一方、実績のある転職会社であれば、施設と太いパイプを持っており、キーマンと定期的に直接話しをしていますから、門前払いを受ける事も無く、一通り話しをした上で、施設側も「取り合えず、検討して回答します」ということになります。ようやくここから交渉がスタートできるわけです。逆指名での転職が成立するのは、最低限、実績のある評判が高い転職会社でありことが必須条件だと言えます。

2.逆指名を前面にウリに出している転職サイトは危険

ネットに乱立している転職サイトにおいて、企業間の競争は年々激化する一方であり、脱落した企業は起死回生の対策として、お祝い金や逆指名といったエポックメイキングなシステムを強力に撃ちだして登録者の獲得を狙い始めます。もちろん、比較的安価で効果のある、ネットでの検索順位を上げる方法をウエブ作成会社に依頼したりもしますが、やはり誰もが引かれるような目玉商品は無ければだれも登録してくれません。転職会社のとって、登録者は商品であり、買い手は求人を出す施設です。つまり登録者が集まらなければ売るための商品が仕入れられないことになり、倒産することとなります。このため窮地に追い込まれた転職会社はどんな手を使ってでも登録者を獲得しようとします。上述のように弱小な転職エージェントでは逆指名を成立させることはできません。にも関わらず、逆指名を前面に出しているのは、もうその転職エージェントが倒産の危機に直面している危険性が高いと解釈した方が良いでしょう。登録したところで、公開求人をしつこく押し付けられるだけです。

3.逆指名を上手に利用した転職方法

逆指名の利点は、

  • 自分の希望に完全に合致する。
  • 求人を先食いすることができる。

この2点です。

また、逆指名はいくつもの希望条件で検索する転職の探し方と違い、ピンポイントで施設を狙うため、その施設がなんで魅力的なのか、その魅力的なポイントでもっと上の施設は他にないのかをハッキリさせないことには、行動を起こしてはいけません。幸運にも逆指名で内定が取れそうなところまで来たところで、実はもっと良い転職先があることに気づいたのでは、さすがに転職エージェントも快く応じることは難しくなってしまいます。しかしながら、自分で他の施設情報をすべて調べることは不可能であり、このため、事前に自分がなぜその施設を望んでいるかとコンサルタントに明確に説明し、他にもっと有利な施設があるかどうかを調べてもらっておく必要があります。これを実現するには、相当な情報力を持つ転職会社でなくてはなりません。逆指名を使うなら、良く言えば穴場、悪く言えば弱小なサイトの利用は避け、業界で有名な転職サイトを使うようにしましょう。

まとめ

逆指名を謳っている転職サイトは数多くありますが、その多くは登録者集めのためのリップサービスであり、弱小サイトを利用すると魅力の無い公開求人をしつこく押し付けられる危険性が高いです。逆指名での転職を考えるなら、業界に名が通っている有名サイトのサービスを使うようにしましょう。本サイトのトップページに掲載した4社は、逆指名をあまり大きくアピールしてはいませんが、どこも逆指名での転職希望者を受け付けてくれるので、安心して利用できるお勧めのサイトです。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない