ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

HOME 転職 薬剤師 比較

ヤクステが提示する離職率というバロメーターの重要性

転職で顧客満足率を掲載している会社は多いものの、離職率を提示している企業はほとんど見かけません。ヤクステが掲載している離職率1%以下というマッチング精度に、はっとした人も多いのではないでしょうか? 多くの転職会社では、パートやアルバイト、派遣など一時的に働く形態も扱っており、これらの働き方は、必ずまた別の職場へ転職する特徴を持っています。また、一時的な雇用のため、その期間さえ良ければ満足度も高くなります。しかし、それは転職先が固定費を変動費化することでコストを低減するため、ボトム期分だけ正社員を雇い、あとは安いパートや派遣でまかなう考え方から生まれたものであるため、パートや派遣にとっては良い職場であっても正社員にも良いとは限りません。むしろ、ぎりぎりまで正社員を働かせて、それでも処理できない部分はアウトソーシングで補う経営方針は決して良い会社であるとは言えないでしょう。一方、顧客満足の観点から見れば、パートなどのように何度も職場を変わる転職者の方がアンケートに答える頻度も高く、必然的に顧客満足度に大きく影響します。つまり、正社員という観点で見るならば、顧客満足率よりも離職率で見る方がより正しく評価できるわけです。しかし、この離職率を算出する上では、転職者がふたたび転職を繰り返していない実態を把握しなくてはならないため、それだけ転職者のアフターサポートがしっかりしていないと数字を計算することすらできません。このような離職率を公表しているヤクステは、

  • アフターサポートがしっかりしている
  • 長く働くことを前提に転職をサポートしている

ことが言えます。長く働くことを考える人はヤクステでの転職は非常に確度が高いと思われます。

1.ヤクステの転職サイト運営会社

ヤクステはグローアップが運営するサイトです。元々がヘッドハンティングの転職会社だけに、求人元のニーズをしっかりと聞き出し、転職希望者の希望とスキルを見極めるノウハウに長けており、このマッチング能力が離職率1%以下という驚異的な数字を叩きだしています。つまり、ヤクステから転職した100人のうち、辞めるのは1人だけであり、それだけ求人元に大事にしてもらえる結果なわけです。例えて言うなら、一般的な転職会社はガバっと網を掛ける方式に対して、ヤクステはピンポイントで狙うスナイパーといった基本的な考え方の違いがあります。

2.ヤクステの転職でのアピールポイント

  • 1年以内の離職率1%未満
  • 非公開求人案件を多数保有
  • ヤクステのみが持つ独占転職案件有り
  • 入社後も転職コンサルタントが悩みをフォロー

ヤクステには、転職希望者での口コミだけでなく、転職先の口コミでも「転職者の離職率が低く、定着してくれるので、安心して仕事を任せられる」という評判から、ヤクステのみに依頼するクライアントも多く、それが「ヤクステのみが持つ独占転職案件」となっているようです。

3.ヤクステの転職での口コミ

「勤めていた病院は給料は良いものの、建物が非常に古く、体質も古臭い職場で、一生ここで働くのかと思うと嫌気を感じる時が多くなりました。近代的な病院でもっと明るい雰囲気で働きたかったのです。でもネットで調べると給料が下がる求人ばかりで、とても転職に踏み切る気にはなれませんでした。でも学生時代の友人がヤクステで転職し、ヤクステには高給の転職がたくさんあって、こっちの希望にピッタリ合った職場を見つけてくれたと聞いて、試しに程度の気持ちで登録してみました。結果はすごかったです。細かいところまでヒアリングしたおかげで、言いにくかった給料への固執と、カッコいい職場というぶっちゃけ話をなにひとつ否定することなく聞いてくれて、本当に言った通りの転職をさせてくれました。ヤクステの件に関しては、話してみるもんだなぁと今でも思っています」

「地元のドラッグストアに就職したものの、大学で勉強したことが全く生かされていない状況でどんどんやりがいを失っていく自分が怖くなって、口コミで評価の高かったヤクステに登録しました。ヤクステの転職コンサルタントは、いかにもプロといった感じできめ細かいアドバイスをしてくれて、私自身ですら気づいていなかった不満まで見つけ出してくれました。今は新薬の勉強会も充実している調剤薬局で毎日やりがいを感じながら働けています。いい加減な口コミが多いネットで唯一本当だった口コミですね(笑)」

ヤクステの口コミでは、転職コンサルタントのプロフェッショナルさを称賛するものが多いです。このプロフェッショナルさが転職後の離職率が1%以下という驚異のマッチング精度を実現しているものと思われます。口コミで見かける転職コンサルタントの対応は、何を言っても否定せず、無理を実現するのが転職コンサルタントの仕事と考えている姿勢がうかがえます。

まとめ

ヤクステは同じ転職会社でもヘッドハンティングを基本とした考え方であるため、離職率1%以下というマッチング精度を達成しています。正社員として長く勤める転職を前提条件にするのであれば、ヤクステでの転職は非常に満足との口コミが多いようです。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない