アポプラスメディカルジョブ スキルアップ研修に高い評判

HOME   転職   薬剤師   比較

薬剤師向けサイト:アポプラスメディカルジョブの運営会社は? 評判や特徴を知りたい!

企業概要

  • 運営サイト:アポプラスメディカルジョブ
      https://www.apo-mjob.com/
  • 運営会社:アポプラスステーション株式会社
  • 設立年:1993年10月25日
  • 社長:坂本賢治
  • 所在地:〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目14番1号フロントプレイス日本橋
  • 電話:03-5800-5827(代表)/03-5800-5829(FAX)
  • 本社所在地:東京都中央区
  • 資本金:4億3,800万円

アポプラスメディカルジョブの特徴

  • 東証一部上場のクオール薬局を運営するクオールグループ傘下
  • 複数の医療系職種の求人サイトを運営

アポプラスメディカルジョブを運営するアポプラスステーションは、クオールグループ傘下のキャリア支援会社です。クオールグループの親会社であるクオール株式会社は東証一部に上場しており、クオール薬局を全国で725店舗も展開しています。

アポプラスステーションは、元々クオールグループではなく、薬剤師派遣事業として1993年に設立された会社です。1999年には、公益財団法人MR認定センターの企業内教育研修システム認定を取得し、転職支援と研修という現在も続く主要事業の基礎ができました。
2012年11月にクオールグループに参画しましたが、現在もクオール冠の社名には変えず、「アポプラス」としてブランディングした運営を行っています。
アポプラスステーション単独の業績は発表していませんが、クオール社連結の2018年3月期第2四半期では医療系人材派遣事業は前期比16%増なので、アポプラスステーションも業績好調であることが予想されます。

アポプラスステーションのメイン事業は、「コントラクトMRの派遣や委託を中心としたCSO事業」、「医薬品・食品の臨床試験支援サービスのCRO事業」、「医療系人材紹介・派遣サービスのMJ事業」と3つとしています。
具体的には、コントラクトMR(医薬品営業業務受託機関に所属する派遣MR)や、CRA(臨床開発モニター)を含む医療従事者の派遣およびキャリア支援が中心となっており、複数の求人サイトを運営しているのです。

  • MRの転職・求人サイト「MRプラスドットコム」
  • 女性MR応援サイト
  • 匠MRサイト
  • アポプラスメディカルジョブ(各医療系職種求人のポータルサイト)
  • ママ薬剤師専門の転職サイト「ママ薬」
  • 男性薬剤師専門の求人・転職「オレ薬」
  • 治験専門の求人転職サイト「e-crc.jp」
  • 登録販売者向け継続研修サイト

なお、アポプラスメディカルジョブは各医療系職種求人の総合ポータルサイトの名称となっています。アポプラスメディカルジョブの中で、薬剤師の他、看護師・保険師・助産師、登録販売者、治験関連、その他医療系有資格者とページが分かれたサイトになっているのです。

薬剤師向けでは、アポプラスメディカルジョブ以外に、お子様がいる女性薬剤師向けの「ママ薬剤師」と、男性薬剤師専門の「オレ薬」があります。いずれも求人情報は少なく、それぞれのターゲットに役立つコラム等を掲載したコンテンツサイトです。

求人サイトの運営以外には、2001年4月に公益財団法人MR認定センターの認定第1号の研修施設になっており、外部からの研修委託事業も受けるほどに成熟した事業になっています。
製薬業界の人材支援サポートについても非常に知見が深い会社と言えるのです。

サイトの構成は、トップページ上部からHOME、求人を検索する、業界・転職情報、ご利用ガイド、キャリアコンサルタント紹介、薬剤師研修制度の各ページへアクセスできます。

「業界・転職情報」は全国各地で実施している転職相談会の案内や、履歴書の作成方法など、実際に転職活動を進める上で役に立つコンテンツが中心です。
「求人を検索する」からは、おすすめ求人特集、病院求人特集など人気の高い求人をワンクリックで見ることができます。

その下部にある検索フォームでは、まず都道府県を選ぶと、そのエリアにある市区町村もしくは路線・駅名を詳細に指定することができます。
さらに、業種、雇用形態、こだわり条件、フリーワードを複数条件で検索することが可能です。

アポプラスメディカルジョブの良いところ

  • 企業薬剤師・治験業界に強い
  • きめ細やかなスキルアップやフォロー面談

アポプラスメディカルジョブを運営するアポプラスステーションは、CSO(医薬品販売業務受託)事業・CRO(医薬品研究開発のアウトソーシング)事業を行っているため、特に製薬会社と深く関わりがあります。

治験業界や企業薬剤師は、土日休みが多いので人気です。業務面でも、調剤や病院と異なり、挑戦したいと考える方も多いのですが、募集が少なく狭き門とされています。

しかし、アポプラスメディカルジョブは、長年製薬業界で太いパイプを持っているので、多様な求人が集まりやすくなっています。
「治験」のキーワードで検索しても404件の求人があり、企業で働ける求人も558件と比較的多く掲載されています。経験者優遇の求人もあれば、経験が浅くとも研修サポートを受けさせてくれる求人と、内容も幅広いのです。

他に、アポプラスメディカルジョブを利用するメリットは、スキルアップ研修やフォロー面談が充実している点も挙げられます。
アポプラスメディカルジョブの研修は、名ばかりのものではなく、研修事業として他社から委託されるほどに成熟したノウハウを持っています。

当然ながら、良い求人を見つけても、その職場に求められているスキルがなければ入職まで至りません。そのため、アポプラスメディカルジョブでも薬剤師スキルアップ研修を開催しており、参加者アンケートで満足度が100%と人気も高いのです。

東京と大阪の2会場で、調剤実技研修、無菌調剤研修の2コースに分け、基本知識や基本的な手技をマスターできるプログラムです。通常は4~5万円程度かかりますがアポプラスメディカルジョブに会員登録すると半額になり、その後入職すると、支払った分がキャシュバックされ、実質無料で受講できるのです。

転職そのもののノウハウ面でも、履歴書作成サポート、面接対策、接遇研修・レベル別薬剤師スキルアップ研修の提案など職種や苦手分野に応じたサポートがあります。

そのようなサポートをしてくれるエージェントも、人材業界におけるプロフェッショナルといえるような、経験5年以上、中には10年以上のベテランエージェントが多く在籍しているので、安心して相談することができるのです。サイト上に顔写真付きのエージェント紹介もありますので、信頼感も高くなっています。

フォロー面談ではプロと一緒に自分の弱点を見つけ出して適切な対策を考えたり、研修で補ったりすることができます。
ブランクがある方や、これまでの業務経験やスキルに自信の持てない方でも、アポプラスメディカルを利用することで、より高いキャリアを目指せるのです。

アポプラスメディカルジョブの欠点

  • 「守り」のサポート中心
  • 関東に偏りあり
  • 検索システムに改善の余地あり

一人で転職を進めるよりも、エージェントを介した転職が有利である最大の理由は、「自分に代わって交渉してくれる」ことといえます。自分に代わって希望に合った求人を調べて紹介してくれる点も、エージェントの利点ですが、実際は望む条件に全てが一致する求人はそうそうありません。

ほぼ希望通りだったとしても、「希望の業務と役職だが給与をもう少し上げてほしい」、「正社員で働きたいが子供が小さい内は時短勤務したい」など、あと少し良ければと言いたくなるような求人がほとんどです。そのような求人を、自分が望む条件に交渉してくれるのがエージェントの手腕の一つです。

アポプラスメディカルジョブは、人材業界に長いエージェントが多いのでキャリア相談に適しており、スキル研修も最大無料で受けることができます。しかし、条件交渉や働きたい職場の求人の開拓など、対外的なサポートについての記載はあまり見受けられません。

そのように、アポプラスメディカルジョブは、薬剤師自身のスキルアップや情報収集など「守り」のサポートが中心となっており、体外的な「攻め」のサポートには弱いと考えられます。

さらに、東京に本社があるため、関東に求人の偏りがあります。
得意分野である企業案件は都市部に集まりやすく、運営会社であるアポプラスステーションが東京に本社を置いているためと考えられます。

転職相談会は関東エリアの東京、横浜、さいたま以外に、大阪、名古屋、静岡、仙台、福岡と開催していますが、求人数は偏りがあり、全求人43,989件中、東京7,588件、神奈川7,102件がトップクラスに多く、関東エリアだけで約半分を占めています。
関東以外では、大阪3,574件、愛知2,607件、静岡1,617件、宮城687件、福岡2,489件と、東京に比べて大して多くはありません。

転職相談会を開いていても、そこが得意エリアとは限らず、特に静岡、宮城の薬剤師の方は、アポプラスメディカルジョブだけで転職を進めるには心許ないのです。

他にも細かい点ですが、アポプラスメディカルジョブの検索は使いづらくなっており、複数の都道府県を選択して検索することができません。

雇用形態も、派遣で検索すると結果ページに現在の検索条件として「派遣(長期)」と「派遣(単発・スポット)」が表示されますが、検索フォームでは「派遣」としか選ぶことができず、検索フォームと検索結果で項目が異なっています。そもそも、単発・スポットの派遣についてはサイト上に詳細を説明する記載がありません。

エージェントによるマッチングありきのやり方と考えられますが、丁寧なサポートをうたっているだけに、不親切な設計に見えてしまうのです。

まとめ:アポプラスメディカルジョブのおすすめ度

・おすすめ度(5段階評価)・・・「3」★★★☆☆

アポプラスメディカルを運営するアポプラスステーションは、クオール薬局を展開するクオール社のグループ傘下ですが、医療系職種のキャリア支援として独立したブランディングを行っています。

各医療系職種向けの求人サイトを運営しており、薬剤師向けのサイトも複数運営しています。
運営会社はMRセンター認定の研修施設でもあるため、業界知識やキャリアに関する知見は深いと考えられます。

エージェントは、人材業界の経験豊富なベテランが多く、さらに顔写真を公開しており安心感も高くなっています。
そのため、キャリアについて相談したい、スキルを上げたいと考えている方には、アポプラスメディカルジョブのエージェントは心強く、研修でスキルアップを目指すことができます。
特に、企業薬剤師に興味のある方は、アポプラスメディカルジョブは製薬会社とつながりが強いので、有益な情報が得られる可能性が高いのです。

しかし、全体の傾向として、サポートの範囲は情報収集やマッチング、キャリア相談など、対象が薬剤師自身に向いたサポートが多くなっています。
強い交渉ごとなど、できる限りエージェントにお任せしたいと考えている方には、方針的に合わないと感じてしまうかもしれません。
また、転職相談会は各地で開催しているのに求人が関東に集中している点や、検索システムが使いづらいという弱点もあります。

いくつか改善すべきところはあるものの、アポプラスメディカルジョブにはキャリア相談しやすいエージェントが揃っており、特に企業薬剤師を希望する方には利用しやすいサイトとなっています。


薬剤師

薬剤師が年収と給料アップで必要な4つのステップと生涯賃金

薬剤師が辞める理由と退職する5つの悩み

薬剤師求人プレミアが口コミで評判の使いやすいサイト構成

グッピー薬剤師求人が口コミで評判のスマホでの使いやすさ

薬剤師にセイコーメディカルブレーンが口コミで評判の責任あるポジションへの道

マツモトキヨシの口コミで評判の残業と有給休暇、年収

サンドラッグの口コミで評判の30代年齢問題

薬剤師がブラック企業の薬局を面接で見抜く方法

日経DIキャリアが口コミで評判の無料オンラインコンテンツ

薬剤師協会のドーピング防止ガイドブック

薬剤師とお薬手帳の進化

薬剤師の地方公務員採用

薬剤師がすすめるスイーツ

薬剤師国家試験に向けた傾向と対策 2015年版

薬剤師がお勧めするサプリメントの選び方

日本薬剤師研修センターとは

認定薬剤師とは

薬局一体型コンビニが出現!

リクナビ薬剤師は総合的に◎ 働きやすさ重視派に高い評判

グッピー薬剤師求人が口コミで評判のスマホでの使いやすさ

メディウェルの薬剤師転職ドットコム 丁寧サポートに評判

日経HRの日経DIキャリア 豊富な求人数と検索しやすさに評判

クラシスのヤクジョブ 派遣向けの福利厚生が充実と評判

アポプラスメディカルジョブ スキルアップ研修に高い評判

メディカルリソースのファルマスタッフ お得な求人に評判

メディカル・プラネットのメディプラ薬剤師転職 レア求人に評判