サンドラッグの口コミで評判の30代年齢問題

HOME 転職 薬剤師 比較

サンドラッグで働けるのは若いうちだけという口コミでの評判

サンドラッグはマツモトキヨシと同様に誰もが知っている有名なドラッグストアチェーンですが、直営店が474店舗ある反面、フランチャイズ店も100店舗以上あるため、店舗の経営方針は一律ではなく、特にフランチャイズ店舗で働く薬剤師の口コミでの評判では経営者の考え方によって大きく労働環境が異なるリスクがあるようです。ここでは、薬剤師の転職先としてサンドラッグで気になる口コミと評判を解説します。

1.サンドラッグで働けるのは30代前半まで

サンドラッグでは残業がきつい上に、30を過ぎると自主的に辞めていくように制度が組まれているとの薬剤師の口コミが多く、あまり良い評判は見つかりません。具体的には月に150時間を超える残業を強いられた上で、年収が500万円そこそこという口コミが流れており、これは数字的にもかなりキツイとしか言いようがありません。また、家賃補助などの福利厚生も30を過ぎると討ち切られてしまい。体力的にも経済的にも一生働ける職場とは言い難いようです。比較的楽なセールスカウンター内での勤務でも月の労働時間が225時間であり、その年収は300万円台にしかなりません。サンドラッグについては、キツクて給料が安いという評判が口コミで広がっており、30を超えると転職せざるを得ない状況のようです。

2.サンドラッグではフランチャイズ店が多いことの薬剤師への影響

フランチャイズとは、看板と流通ルート、そして仕入れを本部から受けているものの、実態は個人商店というものです。コンビニでは良く使われている形態ですね。本部の経営側のメリットとしては、少ない資本で早く店舗を増やせるため、さまざまなチェーン店でとられている形態ですが、店舗から見ると、経営ノウハウと仕入れは楽になるものの、本部への上納金が大きな負担になるため、とにかく固定費を下げて利益を上げるという儲け至上主義にならざるを得ない環境になります。このため、無理が利く若い社員が求められており、年を取った社員は辞めてもらわないと経営が成り立たない宿命を持っています。これが薬剤師の口コミで悪い評判となっている根本的な原因です。実際、サンドラッグの店舗へ行くと、ネームプレートに薬剤師であることが判別できますが、働いている薬剤師のほとんどがまだ若い人ばかりであることに気がつきます。口コミやネットでの評判は書きたい放題のところがあるので、丸のまま信じるわけには行きませんが、現実の店舗で働いている薬剤師が若い人ばかりだという実態を面日すると、あながち口コミはハズレていないようです。

3.サンドラッグで働くなら転職よりも店舗経営

薬剤師としてサンドラッグで働くなら、転職よりも、フランチャイズでの経営の方が良いようです。慣れれば、4店舗くらいは経営することができ、収入も非常に大きくなります。もちろん、フランチャイズを始めるには加盟金など初期投資が必要であり、失敗すれば多額の借金を背負うことになりますが、100店舗以上のフランチャイズ店を配下に持っている実績から、非常に手厚いサポートが得られるため、勝手なことをしたり、怠けたりしなければ失敗するリスクはかなり低いといえるでしょう。一般の人が始めるには、薬剤師としての知識と経営ノウハウの両方を取得しなくてはならないため、非常ℌにハードルが高くなりますが、薬剤師の場合、経営ノウハウだけで済むので、比較的低いハードルで始められると思われます。

まとめ

サンドラッグは薬剤師にとって、非常にキツイ労働環境であり、年収も低いというあまり良くない口コミが目立ちます。また別の口コミでは、30を過ぎると自主的に辞める仕組みが組み込まれているとの評判があります。これら薬剤師からの口コミや評判を元に考えると、サンドラッグでは店舗で働くというよりも、フランチャイズ店の経営者として働いた方が薬剤師にとっては有利なようです。


薬剤師

薬剤師が年収と給料アップで必要な4つのステップと生涯賃金

薬剤師が辞める理由と退職する5つの悩み

薬剤師求人プレミアが口コミで評判の使いやすいサイト構成

グッピー薬剤師求人が口コミで評判のスマホでの使いやすさ

薬剤師にセイコーメディカルブレーンが口コミで評判の責任あるポジションへの道

マツモトキヨシの口コミで評判の残業と有給休暇、年収

サンドラッグの口コミで評判の30代年齢問題

薬剤師がブラック企業の薬局を面接で見抜く方法

日経DIキャリアが口コミで評判の無料オンラインコンテンツ

薬剤師協会のドーピング防止ガイドブック

薬剤師とお薬手帳の進化

薬剤師の地方公務員採用

薬剤師がすすめるスイーツ

薬剤師国家試験に向けた傾向と対策 2015年版

薬剤師がお勧めするサプリメントの選び方

日本薬剤師研修センターとは

認定薬剤師とは

薬局一体型コンビニが出現!