バス通勤はできる限り避けた方が良い

HOME 転職 薬剤師 比較

バスが入ると通勤に負担がでてしまう

転職での通勤経路をネットで調べると、バスも電車も正常運行での通勤時間が出てきます。しかし、鉄道と違いバスは非常に不安定であるために、実際はもっと早く家を出る羽目になることが少なくありません。特に転職後、数か月は遅刻は大きなマイナスイメージになってしまうので、バスが通勤経路に入ってしまうと、大きなリスクを抱え込むことになってしまいいます。ここでは、通勤で極力バスを使わない転職と選ぶべき理由を具体的例を上げて解説します。

1.転職でバスを入れると通勤時間が不安定になってしまう

転職の求人欄には、あらかじめアクセス方法が書いてありますが、最寄りの駅からバスとなっている通勤は要注意です。バスは電車と違い、5分や10分の遅れは普通であり、さらに雨などで満員になると止まりもせずに通過してしまいます。特に転職してしばらくの間は周囲はどんな人か見ていますから、バスの遅延とは言っても、遅刻が頻発すればルーズな性格のイメージが刷り込まれてしまいます。これは、その施設に通う転職者はすべて同じように思えますが、バスを使うような最寄駅から離れた施設の場合、自転車や車での通勤者が多いため、バス通勤しか選択肢が無い場合は、言い訳が通りにくいのです。また、今では春闘などで電車がストライキを起こして止まってしまうことは滅多にありませんが、バスはいまだに労働組合のストが存在し、平気でストライキを行使しています。この場合、タクシーを使うしか手がなく、タクシー乗り場には多くの人が溢れ、転職後に余計な出費が出るばかりでなく、長い列の中で遅れてしまうことにもなりかねません。

2.転職でバスを使うようになると体力的負担が大きくなる

転職での通勤手段で電車とバスが大きく変わるのは運行の安定性だけではありません。電車の駅は構内であるのに対して、バス停は外であることは意外に気にされていませんが、転職においてこれは非常に大きな違いです。たとえば、雨の日であれば、傘をさしてすっと待ってなくてはなりません。夏は強い日差しと高い気温の中で立っていることになります。特に雨風が強い日は、壊れそうになる傘で身を守りながら長時間耐えることになります。しかし、転職での通勤が電車だけの場合、待つのは駅構内なので、屋根があるため、雨を気にする必要も、強い日差しを気にする必要もありません。バス通勤は野ざらしでの待ち時間が毎日往復で2回も発生し、体力的に大きな負担となることを考えておきましょう。

3.転職後にバス停が移動してしまうことがある

転職時には使いやすいところにあったバス停がいきなり移動してしまうことは少なくありません。また、バス自体のルートが変わってしまうことすらあります。これは電車と違って、道路を走る自動車であるため、会社の都合で自由に変えられる特性があるためです。転職で一番気をつけなくてはならないことは、そのバスが多くの人が使っているか否かです。利用者の少ないバスは、景気が悪くなっると本数が減ったり、ひどいときには廃線になってしまうことすらあります。転職後にこうなると死活問題です。

まとめ

転職でバスが入ってくるような施設を選んでしまうと、通勤が不安定になるばかりでなく、体力的な負担も大きくなり、さらには廃線などのリスクを抱え込むことになります。転職の際の説明では正常運行の時間しか書いてありませんが、バスは不安定要素が多いことを認識しておくべきです。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない