転職と求人は同じではない

HOME 転職 薬剤師 比較

転職と求人では基本的な視点が全く異なっている

転職サイトと求人サイトはネットの世界ではまったく同じ意味で使われてしまっていますが、実はまったく異なった考え方に立つものです。わかりやすい話をすると「よし!転職しよう!」とは言いますが、「求人しよう」とは言いませんよね。あえて言うなら「求人を出そう!」なら使える日本語ですが、。これでは立場が逆になってしまいます。これは端的に表した転職と求人の土台の違い、つまり誰が使うべき言葉なのかを明確にしたものです。あなたが立つべきサイドはどちらでしょうか? ここでは転職という言葉を意識して職場を探す場合と、求人を頭において探す場合に必然的に起こり得る視点の違いについて解説します。

1.求人は受動的である

求人を探す場合、まず最初に起こす行動はなんでしょう?ネットや広告ではないでしょうか?これらは募集側が掲載しているものであり、つまり求人を出している中から選ぶという視点での行動になります。言って見れば、与えられた中で比較しながら自分の希望に合った職場を探すことが求人での視点です。どのサイトにも膨大な数の求人があるために、一見、アクティブに見える行動も、実は与えられるのを待っているという受動的な行動に他なりません。何百、何千の求人情報を比較しようとも、それは与えられた条件であり、希望に合うものが無ければ出てくるのを待つことしか思いつきません。完全な受動的姿勢ですね。

2.転職は能動的である

転職をいう言葉を意識しながら、まず最初に起こす行動を考えてみてください。恐らく、雑誌やネットを見る前に、どうなりたいかを考え始めるはずです。年収をアップさせたい。もっと休みが欲しい。人間関係が良い職場で働きたい。いろいろと思い描くことから入るでしょう。そして次に手を出すのが広告やネットに掲載されている求人情報です。しかし、ここでも行動が異なってきます。比較するのではなく、自分の条件に合ってるものを抽出する、言い方を変えると合わないものは切り捨てる取捨選択を行うようになります。わかりやすい例をあげれば、検索欄で、年収●●万円以上や、日勤のみといったボーダーを設けて、合ったものだけを抽出するわけです。これで合うものが出てこなかった場合、転職というワーディングを頭においているひとなら、出てくるのを待つのではなく、条件に合いそうな薬局や病院に直接聞いてみる行動に出ます。つまり、最初から自分で開拓する視点があるために、その行動は能動的になるわけです。もちろんサイトの使い方も違ってきます。その代表格が逆指名です。現在、多くのエージェントがこの逆指名システムを持っています。求人を出していない薬局であっても、コンサルタントがあなたに代わって交渉してくれる仕組みです。

3.転職と求人ではどちらが有利か

これはもう明白でしょう。転職の場合、求人情報を一通りふるいにかけてから、そこに希望と合致するものが無い場合、逆指名など他の手段を使って職場を探すわけですから、転職は求人の枠を含んでしまっています。限られた中から探すわけではないので、よりハイレベルで条件の良い職場を見つける可能性が高い分、求人より断然有利な考え方だと言えます。もちろん、転職会社がすでに持っている範囲を逸脱するために、苦労はしますが、現在の転職会社は急速にサポート機能をアップしているので、それほど大きく苦労するわけではありません。要は考え方の違いです。すでに出てしまっているものだけに限ってしまえば、条件の良い案件は早い者勝ちであり、また競争率も高くなります。しかし、掲載されていないものであれば、自分の希望に沿ってもらうよう交渉することもできるのです。結果はどちらも職場を変えることに変わりはありませんが、転職を念頭に置いた方が、より有利であるとおわかりになったと思います。

まとめ

転職と求人は似ていて非なるものであり、一方は受動的、そしてもう一方は能動的という根本的な視点の違いがあり、転職は求人よりもはるかに有利な視点だと言えます。一度、この二つの意識を区別して頭の中を整理し直してみてはいかがでしょうか?もし、あなたの頭にあるのが求人であったら、転職の視点に切り替えることをお勧めします。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない