転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

HOME 転職 薬剤師 比較

お祝い金の金額に釣られて失敗するひとが増えている

転職業界では、それまでリクルートとマイナビの双璧が業界を牛耳っていましたが、雑誌の時代からネットの時代になったことによって、参入障壁が大幅に下がり、多くの新規参入企業が激増しました。転職エージェントには、それこそピンからキリまであり、ひどいところになると、あるのはウェブページだけで実はなんのコネもスキルも無い素人が運営している転職サイトもあります。ハローワークなどで公開されている求人を適当に引っ張ってくる自動データベースを作り、あとはユーザーが検索しやすいサイトを見栄えよく作るだけで、十分に求人件数のある転職エージェンシーができてしまうからです。しかし、もちろん膨大な情報力と転職サポート力を持つサイトに人が集まるのは当然であり、非力な弱小企業が稼げるほど甘い世界ではありません。ここでキーワードとして登場してくるのが、お祝い金です。最近ではこのお祝い金の制度を全面に出してアピールしている転職会社を見かけますが、利用するうえでは知っておかなければならない注意点があります。

1.なぜ、お祝い金を持つ転職会社があるのか

お祝い金は、競争が激しい転職会社において、非力なエージェントが苦肉の策として編み出した集客術です。よく考えてみてください。転職サポート力に自信があれば、多少時間はかかっても、口コミで良い評判が広がって自然と登録者は増えて行くものです。つまり、お祝い金を出す転職サイトは、出さなければならない理由があるから出すのであり、それはサポート力で劣る面のカバーでしかありません。最近では30万円ものお祝い金を出すサイトもあり、youtubeにお祝い金を取るための裏ワザの解説動画がアップされているほどです。しかし、どういった方法を使ったとしても、結果だけを見ればまんまと釣られただけに過ぎません。希望の職場を見つけ、必要な情報を聞き出し、履歴書など必要なものをそろえたら、それを持って、多額のお祝い金を出すサイトに切り替えるようですが、それは内定を取るという最大のハードルの前で、強力なサポート力を持つ転職コンサルタントという武器を捨てるのと同じことであり、入職後の手厚いアフターケアも捨ててしまうことに他なりません。これができないからこそ、多額のお祝い金を出しているのです。

2.転職のお祝い金は必ずもらえるとは限らない

どこでもいいので、金額の高いお祝い金を掲載している転職サイトを見てください。そこには、まず「最大」という文字が書かれているはずです。つまり、掲載されている金額が丸々もらえるわけではないのです。転職会社は完全成功報酬型であり、利用者は無料ですが、転職先からの紹介料で成り立っています。つまり、あなたがいくらで売れるかによって、そのバックマージンは変化し、お祝い金の金額に連動しています。ここは中古車の査定と似ている面があり、高く売れる場合もあれば、タダ同然の金額にしかならないものもあります。あなたがいくらで売れるかは、求人案件次第であり、高く売れなければ、お祝い金も当然ゼロ同然の金額になってしまいます。

3.お祝い金には転職後に大きな縛りが掛けられる

転職したとたんに銀行口座に振り込まれそうな勢いで記載されているお祝い金ですが、実際にはそうではありません。大部分のお祝い金は、転職後に半年から一年以上の勤務が条件となっています。このため、お祝い金欲しさに転職して、もしすぐにでも辞めたい職場に入ってしまった場合、辞めるにやめられなくなってしまいます。とくに人間関係というのは、結局相性ですから、合う人と合わない人が当然出てきます。他の大多数の人には好評でも、あなたには合わないケースが充分にある得るのです。しかし、転職の目的がお祝い金とすり替わってしまっているために、合わない場合も我慢して働き続けなくてはなりません。たとえば、お祝い金の金額が30万円で半年間の縛りが入っているとしましょう。月5万円ですね。たった5万円のためにつらい思いを続ける価値はあるのでしょうか?

まとめ

多額のお祝い金をエサにしている転職サイトは非常に多いものの、それはサポート力に非力さの裏返しでしかありません。また、お祝い金は、掲載されている満額がもらえるわけ絵は無く、さらにはある一定期間は勤務し続けなくてはならないという縛りが付いてきます。あまり高額なお祝い金には釣られないよう注意することをお勧めいたします。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない