転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

HOME 転職 薬剤師 比較

転職で年収を譲ってやりたいことを取るのは避けるべき選択

転職では年収が下がっても、やりたいことを優先する人がいます。一見、自分の人生の選択としては正しいように見えますが、必ずしもそうではなく、むしろ後で後悔するケースが多いのが実態です。やりたい仕事をするのが人生として充実しているように思えますが、それは障害、ひとりで生きていくことを前提としていることを忘れていないでしょうか。ここでは転職で年収を下げる選択をした場合に、後で多くの人が公開している実態について解説します。

1.年収は家族を守るが、やりたいことは自己満足にすぎない

転職とは無関係に、一般的に人は結婚し、家族を持ちます。家族にとって、転職の影響は年収であり、あなたのやりたいことはフォードバックされません。年収は家族の生活を守る最大の要素であり、一方、やりたいことはあなたが満足するだけであって、家族の満足につながることは非常に少ないです。むしろ、年収を譲ってまでやりたいことを優先させた転職では、帰宅時間や休日も気にならなくなるため、家族との触れ合いも少なくなり、寂しい思いをさせるだけでなく、家族の中での居場所も失ってしまいます。転職で年収を下げるということは、家族の幸せを切り崩すに等しいと理解すべきでしょう。もちろん、業種によって下がった年収でも充分裕福に暮らせる場合は問題ありませんが、年収が下がることによって、家族が欲しいものも買えない状況にしてしまったのでは、自己満足のために、家族の幸せを売り飛ばしてしまったことになりかねません。

2.転職で年収を下げると、度あるごとに後悔の念にとらわれる

子供は年が上がるごとにどんどんお金がかかるようになります。赤ちゃんの時は世話が掛かるだけで、お金はあまりかかりませんが、小学校に行けば学習塾の費用が掛かり、中学や高校で私立を選択した場合、その経済的負担は一気に大きくなります。そして、大学に入れば、年間100万円を超える学費が一般的であり、学部によっては200万円を超える場合もあります。こういった教育費が負担できなくなり、子供に大学進学を諦めさせるようになったのでは、親としてどうなのでしょう?教育費だけではありません。おもちゃや、外食、旅行。他の家では幸せそうにできている行事もお金がないために自分の子供にはしてやれない状況に直面したとき、年収を下げる転職を選択したことをきっと後悔するに違いありません。若いうちは再転職で軌道を修正することもできますが、40を過ぎてしまうと年収を上げることを目的とした転職は非常に困難になります。これは40歳あたりで、ほとんどが管理職になるため、転職で外から入っても管理職になれる可能性がきわめて少なくなってしまうからです。

3.年収は踏ん張りになるが、やりがいは後悔にしかならない

転職にたとえ失敗したとしても、年収さえちゃんと入ってきていれば、家族のために頑張っているという気持ちの踏ん張りが効き、不満を消化してしまうことができます。しかし、やりたいことを優先させた場合、仕事で失敗すれば、家族を犠牲にしてまで選らんだ転職なのにという後悔しか生まれません。結果として気持ちのやり場が無くなってしまいます。こうなってしまうと、あなたも、家族も全員が不幸です。でも、年収さえ担保できていれば、仮にあなたが不幸であっても、家族の幸せは保たれます。転職での年収は、自分を優先させるか、家族を優先させるかの選択になることを意識すべきでしょう。

まとめ

転職で年収を下げてしまうと、家族が不自由な目にあっている状況に直面したときに必ず後悔します。やりがいは自己満足であり、年収は家族の幸せを守るものです。転職での年収は、自分と家族のどちらを優先させるかの選択であることを意識すべきでしょう。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない