少人数の職場は自由が利かない

HOME 転職 薬剤師 比較

少人数の職場に入ると生活に支障が出るほど自由が無くなってしまう

転職で少人数の職場は、よく家庭的あるいはアットホームな雰囲気とは家庭的な連携など暖かい言葉で転職をアピールしていますが、その実態は自由が利かないという裏腹な事情があります。また人間関係においても転職先は少人数であった場合、職場の雰囲気になじめないと.孤立してしまい、心理的な逃げ場が無くなってしまいます。人間関係など実際に入ってみないとわからない環境要因と違い、少人数であるかどうかは転職前にわかる部分ですので、自己責任と認識し、確認しておくべきです。

1.転職で少人数の職場がいかに危ないかがわかる一人店舗

転職で少人数の職場は自由が無くなると言われてもピンとこないかもしれません。しかし、一人店舗を想像すれば簡単に理解できるでしょう。一人店舗は、2~3人のローテーションで運用されますが、実際に店舗にいるのは常に一人だけです。このため、来客が多い場合、食事を取ることも、トイレに行くことさえもできない状態になってしまいます。もちろん、あまりお客さんがこないから職場の人数が少ないので、一人店舗の多くは極論を言ってしまえば暇な時間が多いのですが、ピークの時間はひとりではさばききれないほどの患者が来てしまいます。さらには、どんな理由があろうとも休業させるわけには行かないので、転職後に割り当てられた日は必ず出勤せざるを得ず、体調不良くらいで休むことは事実上不可能であり、それどころか、身内の不幸や、子供が事故に遭ったりしても、代役と連絡がついて、変わりの人が店舗に来るまでは動くことができません。これは一人店舗という極端な例だけでなく、複数の人が働く辱場手であっても、少人数であればあるほど、自由が利かない隠れたデメリットがあることを転職では認識しておくべきでしょう。

2.転職先は少人数の場合、設備が貧弱

転職前に、少人数の職場をいくつか見てみるとわかると思いますが、少人数の店舗では設備があまり整っていません。会計システムがレジしか無かったり、薬の効能説明書システムが単なる家庭用のパソコンとプリンタだったりします。今ではあって当たり前の待ち番号レシートの印刷システムも無ければ、出来上がった薬の番号掲示板もないために、あとどれくらい時間がかかるのか質問を受けることが多く、待ち時間が長いと激しいクレームを受けます。転職においてこの事態は深刻であり、ひとりの客への対応時間が長くなってしまうために、待ち客がどんどん溜まってしまい、待たされて文句をいう客が増え、さらに対応時間が長くなるという負のサイクルに陥ることがままあります。少人数とは言っても、せめてフロントとバックヤード、会計の3ブロックはそれぞれ別の人が担当できるくらいの人員はいる職場を転職では選ぶように心がけた方が良いでしょう。

3.少人数への転職は年収も低い

そもそも少人数であることの根本的な理由は来店者が少ないことが原因です。つまり、それだけ売り上げも少ないわけですから、年収も低くなってしまいます。転職はボランティアではなく、給与をもらうことが前提ですから、年収が低いことは大きな欠点と言えます。このような少人数の職場へ転職する理由で一番多いのは、家から近いからのようですが、家から近い分、給与が少ないのでは、収入を得るための転職において、本末転倒と言えるでしょう。

まとめ

転職で少人数の職場を選んでしまうと、生活面まで拘束されるほど時間の自由が利かなくなり、設備が整っていないことで非効率的な仕事を強いられることになります。また顧客あたりの対応時間が長くなることでクレームが発生しやすく、このクレームは業務を止めてしまうため、さらに多くのクレームを引き起こす負の連鎖を引き起こします。転職での目的は収入を得ることですが、少人数の店舗は利益が少ないために給料も安めとなっていて、デメリットが大きいので、転職前に少人数職場かどうかは必ずチェックしておきましょう。少人数の職場への転職は、すべて自己責任です。

 


転職

薬キャリの口コミで評判の驚くべき業績の伸長

リクナビ薬剤師の口コミで評判の日本最大最強の力

マイナビ薬剤師が口コミで評判の双璧のブランド力

転職ゴリ薬の口コミで評判の薬剤師プロからの名称変更

ヤクジョブの口コミで評判の調剤薬局発祥サイト

ヤクステの口コミで評判の離職率1%以下というマッチング精度

ファルマスタッフが口コミで評判の正直さ

薬剤師転職ドットコムが口コミで評判の固い名前のイメージ通りの仕事内容

履歴書でネットの例文を使うと失敗する

転職と転進で知らないと大損をするまったく違う考え方

転職でお祝い金がもらえるサイトは避けた方が良い

転職と求人は同じではない

転職する主婦は両立すべきことが多い

逆指名がまともに使えるのはごく少数のサイトだけ

転職のチャンスは2016年までと言われる理由

転職で年収を譲ると後で必ず後悔するときがくる

転職で残業無しを選ぶと損をする

派遣が選ばれる傾向が高くなった理由

転職・求人ならのサイトタイトルが多いワケと秘密

バス通勤はできる限り避けた方が良い

ワンマン経営の職場は除外する方が無難

少人数の職場は自由が利かない